飲み物

水の硬度って何?意外と知らない軟水と硬水の違いについて

更新日:

ペットボトルの水に「硬度●●mg/L」と書かれているのを見たことはありますか。
見たことはあっても何を表しているのか知らない人は多いのではないでしょうか。
また軟水・硬水の名前は聞いたことがあってもどのような特徴があるのかあいまいなままなのではないでしょうか。
なので軟水・硬水の違いについてまとめてみました。

硬度とは何か?なぜ一定ではないのか?

水にはカルシウムマグネシウムなどのミネラルが溶け込んでいます。
カルシウムやマグネシウムが水1リットルあたりにどのくらい含まれているのかを表したものが硬度になります。

日本では硬度の低い水がほとんどで、ヨーロッパでは逆に硬度の高い水が多いです。
理由として、日本では山が多く平地が少ないことがあげられます。大地を流れが早いため、流れる時間が短くミネラルがあまり溶け込こみません。
またもともとが火山地帯であるため地層にミネラルが多く存在ありません。

対してヨーロッパでは平地が多く、水の流れが緩やかなため長い時間をかけてミネラルを取り込むことができます。
地層にはミネラルが多い石灰岩を多く含むため、ミネラルを豊富に含んだ水が生まれやすくなります。

 

軟水と硬水の基準は?

世界保健機関(WHO)の基準では

軟水 0~60mg/L未満
中程度の硬水 60~120mg/L未満
硬水 120~180mg/L未満
非常な硬水 180mg/L以上

となっています。
日本では一般的に100mg/L未満は軟水100mg/L 以上は硬水と呼ばれます。

 

軟水と硬水の特徴

飲み心地

軟水は癖がなくスッキリと飲みやすいです。
硬水は渋みや苦み感じるものもありますが、しっかりとした飲みごたえを感じることができます。

料理

お肉を煮込む際には硬水が適しています。
硬水でお肉を煮込むことで、お肉のうまみをお肉の中に閉じ込めることができるだけでなく、お肉の臭みをアクとして出すことができます。
逆に軟水でお肉を煮込んだ場合は、柔らかく煮えますがうまみがお肉から逃げ出てしまいます。
ただ極端に硬度の高い水で煮込むとお肉が固くなるので気を付けましょう。

和食ではだしを取ることが多いですが、だしをとるなら軟水が適しています。
硬水の場合、硬水に含まれるカルシウムイオンの影響でうまみが出にくくなってしまいます。

お米を炊くときも軟水が最適です。軟水を使い炊くことによりふっくらとした食感に炊き上げることができます。
硬水で炊いた場合はカルシウムイオンによりお米の吸水が阻害され、固いご飯に炊き上がります

 

野菜を煮込む場合は軟水であれば柔らかく、硬水であれば煮崩れしにくいしっかりとした食感に仕上げることができます。

効果・影響

軟水はミネラルが少ないため、赤ちゃんでも胃腸に負担をかけずに吸収することができます。なのでミルクを作るときには軟水で作りましょう。

硬水はミネラルが豊富なため、体内で吸収されにくいです。なので飲みすぎると腸に水分が多く残り、下痢になりやすくなります。しかしこれを逆手に取り、ほどよく硬水を飲むことで便秘解消を狙うことができます。

 

まとめ

跳ねた水滴

軟水と硬水の違いをまとめましたが、それぞれメリット・デメリットがあります。
どちらが優れているというのはなく、ケースバイケースとなります。
軟水と硬水の特徴を把握しておき「和食は軟水」「お肉の煮込みは硬水」などと状況に応じた使い分けのほか、気分や体調によって飲み水を変えたりするといいと思います。そのために軟水か硬水をどちらか一方をメインにしても片方だけでなく、少量でも、もう一方を常備しておくことをおすすめします。

-飲み物

Copyright© 調べものネット! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.