食べ物

天然の健康食品、ハチミツの知っておきたい5つの効果・効能!

更新日:

漠然と健康にいい食品というイメージのハチミツですが、調べてみるとかなり優秀な食品であることがわかりました。
せっかくなら良い効果を狙って取り入れたいですよね。
なのでお菓子・料理・飲み物など様々な使い道のある、ハチミツの素晴らしい効能についてまとめました。

そもそもハチミツとは

ミツバチが花の蜜を回収し濃縮されたものがハチミツとなります。ただ濃縮されただけではなくミツバチの体内にある酵素と花の蜜が混ざり、ショ糖(普通の白い砂糖)がブドウ糖と果糖に分解されます。
ブドウ糖と果糖に分かれることでショ糖よりも甘みが増します。

ハチミツと砂糖の甘さを比べると同じくらいの甘さです。
しかしハチミツには20%ほど水分が含まれるため、カロリーが同量の砂糖と比べ20%ほど少なくなっています。
果糖はショ糖の1.3倍から1.5倍程度甘さを強く感じるため、ハチミツに含まれる糖分が少なくても同じ甘さになります。
ちなみにブドウ糖はショ糖の0.8倍程度の甘さです。

ハチミツに含まれる栄養は?

ハチミツには

  • ビタミン
  • ミネラル
  • アミノ酸
  • ポリフェノール

と健康にいい成分が含まれています。
ただハチミツはどの花の蜜からできたかによって含まれる成分が大きく異なります。

ハチミツの効能は?

蜂の巣にあるハチミツ

  • 疲労回復
  • 高血圧の予防
  • 咳止め
  • 便秘の解消
  • 二日酔いの回復

様々な効果が期待できるハチミツ。その効果を一つずつ見てみましょう。

疲労回復

ハチミツの糖分は普通の砂糖に比べて吸収されやすいです。
それはあらかじめミツバチの酵素により、ショ糖が果糖とブドウ糖に分解されているためです。
果糖やブドウ糖は体内に入るとスムーズに吸収され、エネルギーとなります。運動後の疲れた体でも負担になることなくエネルギーを取り入れることができます。

また脳はブドウ糖をエネルギーにして動いています。なのでハチミツを口に入れることで仕事や勉強で疲れた脳にも素早くエネルギーを届けることができます。

高血圧の予防

高血圧は塩分の摂取量が深くかかわっています。塩分を取りすぎれば高血圧になりやすくなります。

ハチミツにはカリウムという成分が多く含まれていますが、カリウムは塩分を水分と結び付けてくれる効果があります。
なので塩分を取りすぎて血圧が高くなってしまっているときには、ハチミツと水を一緒に摂取することで塩分の排出を期待できます。

咳(せき)止め

咳が止まらず苦しい思いをしたことはありませんか?咳はのどの細菌やウイルスを体外に出そうとする防衛反応です。
ハチミツで咳が止まる理由は、 ハチミツの殺菌効果のためです。
ハチミツに含まれる酵素グルコースオキシターゼが作り出す過酸化水素には強い殺菌作用があり、のどの細菌を退治してくれるため症状が和らぎます。

またハチミツには保湿効果もあるため傷ついた粘膜をいやす効果も期待できます。

便秘の解消

便秘になると体内に溜まった老廃物の影響で腸内環境が悪くなります。それが原因となりさらに便秘が悪化するという悪循環を招きます。
なので便秘解消のためには腸内環境を整える必要があります。

ハチミツにはグルコン酸という成分が含まれています。
グルコン酸には腸内のビフィズス菌を増やす効果があるため腸内環境の改善を促し、便秘解消を期待できます。
便秘を改善したいなら→食物繊維では便秘が治らない?!知っておきたい食物繊維のコト

二日酔いの回復

ハチミツに含まれる果糖は実は二日酔いに効果的です。
アルコールの分解には大きく二段階あり、一段階目でアルコールからアセトアルデヒドという成分になります。アセトアルデヒドが二日酔いの頭痛吐き気を引き起こす原因となります。アセトアルデヒドは最終的に水と二酸化炭素になりますが、分解されるまで二日酔いの症状に悩まされることになります。

果糖は肝臓の働きを助けてくれるためアセトアルデヒドの分解が早くなり、二日酔いから早く回復することができます。

ハチミツの注意点

ハチミツのラベルには1歳未満の乳児には与えないよう記載されていますがこれには理由があります。

ボツリヌス菌という菌が含まれている可能性があるためです。
ハチミツの中で、ボツリヌス菌は身を守るため芽胞を形成します。この芽胞は熱に強く通常の調理では死滅しません

一般的にボツリヌス菌の食中毒はボツリヌス菌が排出した毒素によるものが多く、細菌自体は体内に入っても消化器官で不活化されます。
通常であれば影響はないのですが、乳児の消化器官は短く、腸内にボツリヌス菌の発芽を妨げる細菌も少ないため乳児ボツリヌス症を引き起こします。

乳児ボツリヌス症を未然に防ぐため、1歳未満の乳児に与えないよう記載されています。
詳しくはこちら【乳児ボツリヌス症】乳児にハチミツを与えてはいけない理由

まとめ

パンケーキのハチミツかけ

ハチミツの効能は調べれば調べるほど、毎日食べたくなる効果ばかりでした。
ミルクやコーヒーに入れて飲むのもいいですし、パンやケーキの上にかけるのもおいしいですよね。
もちろん食べ過ぎはよくないので適量を守り、ハチミツを上手に取り入れた生活で健康に過ごしましょう。

-食べ物

Copyright© 調べものネット! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.