一人暮らし 生活

【一人暮らし】フライパンのサイズで悩むなら24cmがおすすめ

更新日:

一人暮らしでどのくらいの大きさのフライパンを買えばいいのか悩んでいる人は多いのではないでしょうか?
どうせ買うなら使い勝手のいいものを買いたいですよね。

私の経験から「一つだけフライパンを買うのであればこういうのがいいよ!」ということをまとめたので、参考にしていただければ幸いです。

おすすめのサイズ

フライパンを一つだけ買うのであれば大きさは24cmがおすすめです。
大きすぎても小さすぎても使いにくいです。

小さめのフライパン

22cm以下では小さいです。
一人暮らしの場合は一人前を作ることができれば十分と思いがちですが、いざ生活してみると不自由に感じることが多いでしょう。

もちろん料理によっては使い勝手がいいケースも多々ありますが、この記事でおすすめしたいのは「フライパンを一つだけ買うのであれば」という前提なので小さいサイズはおすすめしません。

比較的簡単に作れる野菜炒めやチャーハンなど炒め物はフライパンが小さいとこぼしてしまいがちです。
ゆでたスパゲティを加熱しながら混ぜるのも底が狭いと苦戦します。

また自宅に誰かを招いてご飯を作る際に、小さいフライパンでは本当にたいしたことのないご飯しか作れません。
一人分でいっぱいいっぱいなのに二人分は容量オーバーです。
無謀です。

24cmのフライパン

野菜炒め

24cmが経験上もっとも使いやすいと思います。
ガスレンジの火は24cmであれば効率よく使えます。小さいフライパンでは火を強くすると、フライパンのそこから火がはみ出してしまいます。
大きめのフライパンは具材が少ないときに、具材が乗っていないスペースがたくさんできてしまうため空焚き状態になってしまう可能性があり、 テフロンの持ちが悪くなってしまいます。
24cmフライパンなら一人分の料理でも二人分の料理でも問題なく作ることができるので、買ったはいいが使う機会がない といったことはないでしょう。

大きめのフライパン

26cm以上は大きすぎます。
そもそも一人暮らしの生活の中で大きめのフライパンを必要としたことがないです。
一人暮らしの限られた収納スペースに大きなフライパンをしまうとかさばり、邪魔になってしまいます。普段から人を招いて3~4人分のご飯を作る環境の人ならば用意をしてもいいと思いますが、一人分の食事が作りにくいのでメインのフライパンにはならないでしょう。

おすすめの形状

フライパンを探しに行くと浅型と深型があることに気が付くと思います。
おすすめは断然深型です。理由は少ない調理器具でいろいろなものを作れるからです。

いろんな場面で使えるいうことは重要です。
浅型では焼く・炒めるしかできませんが、深型であれば鍋の代わりにもなるため、茹でることや煮ることもできます。
なのでラーメンやうどん・蕎麦を茹でたり、ミネストローネやカレーを作ったりとフライパン一つで様々な料理を作ってきました。
深型のデメリットとしてはフライ返しを差し込みにくいことです。餃子やハンバーグをフライパンいっぱいに並べると苦戦します。
ただひっくり返しにくいものは浅型でもひっくり返しにくいので、周囲を少し開けて並べるなど次の工程を考えながら作業をしましょう。

おすすめの材質

フッ素樹脂加工のフライパンについて

おすすめしているのはアルミフライパンのフッ素樹脂加工です。
ちなみにテフロン加工とは商標あり、フッ素樹脂加工のことを指しています。
さらにお店で陳列しているフライパンやインターネットで見るとマーブルコートやダイヤモンドコートなどといろいろな種類がありますが、こちらもフッ素樹脂加工を指しています。
マーブルコートはフッ素樹脂に大理石の粉を混ぜたもので、ダイヤモンドコートはフッ素樹脂にダイヤモンドの粉を混ぜたものです。
厳密にはそれぞれ異なりますが、ここでは大きくフッ素樹脂加工でくくります。

フッ素樹脂加工のフライパンはアルミでできているので軽く使いやすいです。
また油がなくてもくっつかないためヘルシーな料理を作ることができるでしょう。

フッ素樹脂加工の注意点

欠点はフッ素樹脂加工は劣化しやすいことです。
空焚きをするとあっという間にダメになります。煙が出るまで熱するなんてもってのほかです。
基本は中火から弱火の間で料理をしましょう。強火にしなければ劣化は最小限に抑えられます。

その他の加工について

ほかの材質は鉄・ステンレス・セラミックとありますが値段が高いためここではおすすめしません。
一人暮らし始めたばかりでは自炊が定着するかどうかわからない状態です。
そんななか高いフライパンを買うのはリスクが高いです。

料理に必要と感じるのであれば買ってもいいかもしれませんが、宝の持ち腐れ状態にならないようによく考えてから購入しましょう。少しでも躊躇するのであれば、思い直したほうがいいと思います。

まとめ

フライパンは「大は小を兼ねない」「深いは浅いを兼ねる」と思っています。
私のおすすめする使い勝手のいいのフライパンは大きさ24cmの深型となります。表面の加工はオーソドックスなフッ素加工されているものをがいいです。

はじめてのフライパン選びで後悔しないよう参考にしていただければ幸いです。

-一人暮らし, 生活
-

Copyright© 調べものネット! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.