一人暮らし

一人暮らしを始めるために必要な費用。いくらあれば足りる?

更新日:

一人暮らしを始めるにはいくらお金がかかるのか、またいくら用意しておけばいいのか不安ですよね。
どのような支払いがあるのか知っておけばあらかじめ準備できるため、安心して一人暮らしを始めることができます。

これから一人暮らしを始めるのであれば知っておきたいお金の話をまとめます。

スポンサーリンク

一人暮らしを始める際にかかるお金

一人暮らしを始めるためにはまず部屋を借りる必要があります。
借りた部屋を荷物を運び、新生活のために必要なものを揃えます。

なので部屋を借りるお金・引越し代・生活用品の準備代にそれぞれお金がかかります。

部屋を借りるお金

部屋を借りるときに支払うお金としては敷金、礼金、仲介手数料、前払い家賃、日割り家賃、保険料などがあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

敷金

家賃の未払い発生時に家賃の代わりに充当されたり、退去時の修繕・清掃代として使われます。保証金ようなもので使われなかったお金は退去時に戻ってきます。

金額の目安:家賃の1~2か月分

礼金

家を借りるときに感謝の気持ちとして設定されているお金。感謝の気持ちの有無にかかわらず支払う必要があります。

金額の目安:家賃の1~2か月分

仲介手数料

部屋を貸したい大家さんと部屋を借りたい人を仲介する不動産業者へ支払うお金。不動産業者ごとに値段が異なります。

金額の目安:家賃の1か月分

前払い家賃

家賃は前払い制になっているため、入居時に翌月分の家賃を支払っておく必要があります。
例:3月中に契約が完了した場合、契約時に4月分の家賃を支払います。

金額の目安:家賃の1か月分

日割り家賃

月の途中から借りる場合にかかるお金です。その月の部屋を借りる日数÷その月の日数×家賃で計算されます。
例:家賃が6万円、4月21日に部屋の受渡しが完了した場合、10÷30×60,000=20,000となりますので、契約時に2万円の日割り家賃を支払います。

金額の目安:家賃の0.5か月分

保険料

部屋を借りるときに火災保険の加入が特約で強制されています。基本的にはあらかじめ決められた保険があるためそれに加入することになります。2年更新のため部屋を借りる際に2年分支払う必要があります。

金額の目安:20,000円くらい

合計すると

一例として、家賃は5万円として計算します。敷金・礼金が1か月分として10万円。仲介手数料1か月分で5万円、前払い家賃が5万円・日割り家賃は中旬に借りたとして2.5万円。保険料が2万円。

合計で24.5万円となります。

あくまで目安ですが家賃の5~7倍くらいはかかると思っていた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

引越し代

引越し業者に依頼する

荷物を運ぶ男性

初めての一人暮らしであれば、実家から荷物を運ぶことになるでしょう。
まだ家電や家具などの大きな物ないため、引越し代は安く済みます。

逆にすで一人暮らしをしている場合、運ぶ物が多いため金額も高くなります。

また移動する距離や日程、部屋の階数にもより値段が変わるため、いろんな業者に見積もりを出してもらうことをおすすめします。

金額の目安は荷物が少なければ2万5千円くらい、多ければ5万円くらいになります。
家電や寝具を買うのは引越しをしてからにしましょう。

自力で運ぶ

荷物が少ないのであれば、車を借りて自分で運んでしまうのも手です。
可能であれば、家族や友人の手を借りて安く済ませることができるでしょう。

小さなトラックであればレンタルは6千円くらいで済みます。
ガソリン代を入れても業者に頼むより、はるかに安くなります。
自分のタイミングで引っ越しができるのはメリットとなりますが、その分、重労働を自分で行わなければいけないため体力を消耗します。

金額の目安はレンタカーを借りるなら1万円くらいで、実家の車を借りる場合やすでに車を所有しているならガソリン代だけでも引っ越せる可能性もあります。

暮らしの準備

新生活を始めるための準備にも多くのお金がかかります。

家電

家電であれば電子レンジ、洗濯機、冷蔵庫は必要でしょう。
また炊飯器や掃除機もあると便利です。
生活によってはテレビやパソコン、ドライヤーなども買う必要があるかもしれません。

機能にこだわらなければ安く済ませることはできますが、値段相応の能力しかありません。
そしてシンプルな機能の家電は壊れにくいため、お金に余裕ができたとしてもなかなか壊れず新調するタイミングが訪れません。

こだわるものはこだわって、節約するものは節約するといったメリハリをつけると後悔せずに家電をそろえることができます。テレビやパソコン等のなくても生活できるものは後回しにして、まずは生活に必須の物から買いましょう。

金額の目安:安さにこだわれば10万円くらい

家具

ベッド派か布団派は分かれますが、寝具は必要です。
引っ越しの際に見落としがちですが、カーテンは買い忘れないようにしましょう。
周りの目を気にしながら過ごすのは気が疲れますし、精神衛生上よくないです。

テーブルも必要となります。ハイテーブルかローテーブルか選択することになりますが、ハイテーブルの場合は椅子もセットで購入することになります。

タンスや引き出しなどの収納器具も欲しいところですが、生活してみないとわからないことが多いので、最低限に抑えて後回しにしましょう。

金額の目安:4万円くらい

生活用品

消耗品や生活雑貨を揃えます。

キッチンでは包丁、まな板、フライパン、木べら、おたま等の料理道具。お皿、箸、スプーン、フォーク等の食事の道具が必要です。

お風呂・洗面台ならボディーソープや石鹸、シャンプー、洗顔料、歯ブラシ、歯磨き粉などでしょうか。

その他、生活をしていく上で必要になるティッシュやトイレットペーパーを揃えましょう。

金額の目安:安いものを選べば1万円くらい

まとめ

部屋を借りるために家賃の5~7倍くらいの金額がかかり、引っ越しで5万円かかるとして、新生活の準備に15万円くらいかかります。

家賃が5万円の場合、合計で45~55万円くらいは用意しておけば足りる計算です。10万円余裕をもって、55~65万円あれば安心して新生活を始めることができます。

部屋の条件によって、大きく値段が変わってしまうので物件選びは慎重にしたいですね。

スポンサーリンク

-一人暮らし
-

Copyright© 調べものネット! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.