体験記

④【運転免許】仮免技能試験に合格!マニュアルは無理でした【一発試験】

更新日:

長かった仮免技能試験もやっと合格できました。おめでとう自分!お疲れ自分!
なんだかんだで計5回落ちたのでその記録をまとめていきたいと思います。

 

【運転免許】届出校への申し込み、仮免学科合格まで【一発試験

【運転免許】届出校で15時間練習して仮免技能へ。練習編【一発試験】

③【運転免許】仮免の技能試験に受からない絶望感【一発試験】←仮免技能試験で3回不合格した記事はこちら

【運転免許】仮免許を取得してからの流れ。学科試験は一回で合格!【一発試験】←次の話

スポンサーリンク

マニュアルの試験をオートマに切り替える

マニュアルの操作ってかっこいいみたいな憧れで挑戦していたのですが、まったく受かる気がしません(笑)
まあ笑ってる場合じゃないんですけど。

試験に不合格し次回の予約を取る際、受付の人に「オートマへの変更はできますか」と尋ねたところ、
「可能ですよ。ただ一度変更するとマニュアルに戻すことができないので、マニュアルに乗りたければ免許取得後に限定解除してください」とのこと。

「今日変更しますか」と聞かれましたが、迷いに迷った挙句決めきれずその日は予約だけして帰りました。(休みの予定と予約可能日が合わなかったためとりあえず予約をいれ、後で電話で変更する予定)

予約は最大一か月後までしかできないため日を改めて変更の電話を連絡するも、運悪く仕事が休みの日は試験自体を行っていない様子。
ときわ台カースクールの練習期間が申し込みから9か月となっているためゆっくりもしてられません。残りが3か月に迫っている中、月に一度の試験では受かる見込みがないと判断。
きっとマニュアルなんて乗らないでしょ。

「オートマに変更したいんですけど…」
「電話では承れないので、試験場に来てください」

マジか。

確認しておけばよかった…

その日のうちに試験場に向かい変更しに行きます。
変更はあっさり終わり書類にAT限定と記載されました。ふと周りをみると『技能試験のキャンセル待ちを希望される方へ』という書類が目に入ります。

「今日試験受けて帰れますか?」
受付の人は時計をちらりと見て、(その時点で12:50)「締め切りは12:50までだけど今回はいいからこの書類書いて」とキャンセル待ちの希望書を渡されました。

書類を書きながら諸注意を聞き、書き終えた書類を手渡します。

「手数料はどうしたらいいですか」
「試験受けれるかわからないから後でいいよ。技能試験室に向かって」とのこと。

キャンセル待ちの人がすでに2人いるため今日は無理かな、と思っていましたがキャンセルが3人いたためぴったり受けることができるようです。そしてくじで試験順をきめます。

4回目の仮免技能試験

先に言い訳を。マニュアルで練習してきたのでオートマは5分くらいしか乗ったことありません。
しかも今まで練習してきた車と全く違うタイプの車種。車に興味がないため今までは何乗っていたか知りませんが、オートマの試験車はプリウス。
初プリウスで見える景色に違和感を感じます。まあ言い訳ですけど。

なんでこんな言い訳ばかりするのかというと、試験で初めてS字カーブの走行を失敗し、脱輪。そのまま試験中止と悔しい思いをしているからです。少しでも自分を正当化したい!という気持ちによるものです。

いつも通りの感じで走ったつもりなのになんで…と納得できませんでしたが結果がすべてなので仕方ありません。

そして不合格後のお決まりである次回の予約ですが、予約可能日時が全然違いました。
マニュアルは週に2か所くらいしか予約可能日が記載されていないのに対して、オートマは月曜日から金曜日までビッシリ!
翌週までは予約が埋まっているようで、記載はありませんでしたがそれ以降はいつでもOKみたいな選択肢の多さ。

もっとはやく変更しておけばよかったと心から思い、予約を取り帰ります。

スポンサーリンク

5回目の仮免技能試験

4回目の試験から2週間後に試験を受けに来ましたが、結果は不合格。

理由は前回同様のS字カーブでの脱輪。
前回は初めてだ仕方ないかなと自分に言い聞かせていましたが、今回は前回の反省を全く生かせていない自分にイラッとしました。

試験官曰く「基本的な動作はしっかり出来ている。S字カーブまでは減点は全くなかったから、そこを重点的に練習してください」とのこと。

練習環境ないんですけどね。

「もう運転向いてない。やめたい。免許なんてどうでもいい」と脳内で繰り返されますが、その一方で「もう25万円くらいかかってるのを無駄にするの?練習した時間や試験に費やした時間も無駄にするの?」とも繰り返され、精神的によろしくない状況です。

とりあえずまた2週間後に予約を取り、帰ります。

6回目の仮免技能試験

ついにこの日がやってきました!
ついに合格!マニュアルで3回受験、オートマで3回受験してついに!

…落ち着こう。

オートマに変更してからうまくいかなかったS字カーブの壁を乗り越えて(左の後輪をこすってたらしい)試験で初めて坂道に到着。坂道発進はマニュアル車でも苦手意識はなかったため難なく突破。そのまま発着点に向かい停車。
最後まで気を抜かず駐車処置を施し、安全確認後ドアを開け降ります。

コースを走り切ったこと自体が初めてで合格しているかは全くわからなかったのですが、

「合格予定です」と一言。顔がにやけるのが止まらない。

「ただ点数は70点でギリギリ(合格ラインは70点以上)だったのでよく練習するように。S字カーブは左後輪こすってたし、左折はすべて大回り。安全確認も慎重すぎて、交差点の通過が遅い。路上試験はもっと厳しいから覚悟するように」とのこと。

しかめっ面の試験官が淡々と話すのを前ににやけが止まらない。
今までのイライラの反動が強すぎて浮かれています。

合格後手続きまで2時間くらい待ち、仮免許を手渡されます。その後仮免許取得後の流れを聞き解散となりました。

まとめ

マニュアルで3回落ちて挫折し、オートマに切り替えて3回目の試験でようやく合格!
免許の取得がこんなにも大変なことだったなんて、と毎回思い知らされながらもやっと折り返し地点へたどり着きました。

個人的な感想とはなってしまいますが、初めての免許取得を目指している方は指定校での取得が一番楽に取れるかと思います。少しでも安くしたいということであれば届出校でもいいと思いますがオートマ限定をおすすめします。

オートマ限定にしたけどマニュアルにも乗りたいとなったときは、限定解除でマニュアルに乗れる免許へ切り替えることも可能です。
ときわ台カースクールはそういうプランがあらかじめ用意されているので検討してみるといいと思います。

初めての免許取得で、クラッチなどの運転操作+試験のための安全確認動作を身に付けるのは骨が折れます。
個人の能力によるのですが、私にはセンスがなかったようです。

一発試験は難しいというのは本当なので挑むのであれば覚悟して臨んでください。

前回の話→③【運転免許】仮免の技能試験に受からない絶望感【一発試験】

次の話→⑤【運転免許】仮免許を取得してからの流れ。学科試験は一回で合格!【一発試験】

スポンサーリンク

-体験記
-

Copyright© 調べものネット! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.